まずは家賃を設定する

部屋探しでまず重要なのは、家賃の設定だと言えます。毎月無理なく支払える家賃でないと生活が苦しくなってしまう場合があるからです。家賃の目安は収入の3分の1が適当だと言われていますが、毎月必要な生活費等を確保した上で、いくらまでなら家賃に当てられるかを計算するのが基本だと言えます。計算式にすると「家賃=収入-生活費等」となりますが、さらに毎月の貯蓄を考えている場合などは、余裕を持った家賃の設定が必要になると言えるでしょう。

どの場所に住むかを決める

部屋探しで次に重要なのは、どこに住むかを決めることです。一番いいのは会社や学校の近くだと言えますが、それが都市の中心地である場合は家賃が高くなることも多いため、予算の都合から会社や学校から離れた場所を探さなければならないケースもあります。その場合、毎日の通勤・通学を考慮すると、30分以内で目的地に着けるような場所(駅の近くなど)を選ぶというのが一つの目安になるでしょう。また、最寄り駅まで徒歩何分かかるかといったことを事前に調べておくことも重要です。

建物の構造や周りの環境も重要

その他のポイントとしては、建物の構造や、周りの環境などが挙げられます。建物の構造については、木造や軽鉄骨造のアパートと、鉄筋コンクリート造のマンションでは音の響き方が違うため、騒音が気になる場合は、防音性の高いマンションを選んだほうがよいと言えるでしょう。そして周りの環境については、生活をする上で便利なスーパーやコンビニが近くにあるかということや、24時間営業の店などを事前に調べておくことも必要だと言えます。

帯広の賃貸では、周辺の自然環境が充実している物件が多いため、自然を身近に感じながら暮らせるという魅力があります。