家事按分のポイントを見極める

もともと不動産を所有していたり、不動産投資の一環として、新たに不動産賃貸業を営む人がいます。その際次のようなポイントを押さえておくことで、様々なメリットを享受することができたり、場合によってはデメリットを避けることが可能となります。まず挙げられるのが家事按分のポイントです。例えば家賃や光熱費などは専門の事務所を設置しないかぎり、自身が個人的に利用するものと経費部分とを使用割合によって按分しなければなり、その際は基本的には利用面積で按分します。そのため自宅の一部を事務所として利用している人はその辺りをしっかり計算しておかないと、税務調査などで指摘される可能性があるため注意が必要です。

修繕費と資本的支出の違いを知る

大きな修繕費を支払った場合に、修繕費として一括で経費処理できる場合と資本的支出として毎年減価償却を行う場合に分けられます。この判断ポイントの分かれ目となるのがどのような修繕を行ったかという点で、原状回復工事をはじめとする元あったとおりに直す修繕は基本的には修繕費として一括で処理することが可能です。一方新たに造作物を取り付けたり、部屋の間取りなどを変える大規模な修繕であれば、資本的支出として減価償却の対象として計上しなければなりません。この判断ポイントはなかなか難しいため、税理士や税務署に相談するのも一つの手です。

家賃の設定を見極める

不動産賃貸業を営む上で、家賃の設定は避けては通れない問題です。高すぎれば入居者は減りますし、低すぎれば不動産賃貸業を続けることが難しく、頭を悩ませているオーナーは非常に多いです。その際のポイントとして、借入金を利用している場合はそれらの返済と収入、そして建物の状態などをしっかり計算し、採算分岐点を把握することが重要です。不動産コンサルタントなどに相談し、無理のない家賃設定を行い、安定した収入を得ることが重要です。

帯広の賃貸マンションの使い勝手の良さについては、多くの消費者からの注目が集まっており、家賃や立地などを確認することが大事です。