部屋の構造に目を向けてみましょう

賃貸住宅には、大きく分けて木造、鉄骨造、鉄金コンクリート(RC)造の3つの構造があります。これらは部屋の遮音性に大きく関わっています。遮音性の高い順に並べると、RC造、鉄骨造、木造の順になります。また、これに壁の厚さや部屋の位置、集合住宅のつくり(全部の部屋が角部屋になるハイツタイプなど)も関わってきますし、木造や軽量鉄骨造などは家賃が抑えられるという利点もあります。総合的に判断し、自分に合った構造を選んで見るとよいでしょう。

「譲れない条件」とは?

賃貸住宅を選ぶときに重要なのは、「譲れない条件」を決めることです。職場や学校からの距離、バストイレ別、南向き、二階以上、オートロック、宅配ボックス、コンビニが近い・・・理想の条件は様々だと思いますが、それらを取捨選択することも重要です。もちろん、「完全に理想通りの部屋に出会うまでは引越ししない!」という強い意志を持っている人もいるかもしれませんが、多くの人はいつまでに部屋を決めなければならないという期限があるはずです。そんな中で「譲れない条件」を決めておくと、部屋探しが楽にできることでしょう。

実際に見に行きましょう

賃貸住宅を決める際に一番大切なこと、それは実際に見に行くことです。いくら写真がきれいでも、実際に行ってみたら隣の家が近くて日当たりが最悪なんてこともあり得ます。しっかりと自分の目と体で感じることが大切です。チェックポイントとしては、ゴミ置き場やポスト、駐輪場は綺麗に使われているか、隣の家との距離はどうか、家の周りに街灯はあるか、部屋の中はカビ臭くないか、といったことが挙げられます。自分でチェックシートなどを作って持って行くのもおすすめですよ。

札幌市中央区の賃貸は、市中心部にある居住用物件です。市電や地下鉄がはしる公共交通機関、豊富な商業施設が近く日常生活に便利、豊かな自然とゴルフ場を楽しめる市南部にも近いです。